« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近の活動3件を動画で報告します。

No.1:  11/5,11/6の御前山トレランサポートの模様です。

No.2:   11/13の紅葉久慈川DR、鉄橋下で会長のバク転が見られます。
No.3: 11/12 日立の堂平林道秘密のシングルトラック 夏の時期使われていないと見えて荒れていますが、楽しいトラックです。みんなで走りましょう。

続きを読む ""

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

紅葉の久慈川DR

11月13日(茨城県民の日)に紅葉が色付く福島県矢祭町を流れる久慈川(MCCホームゲレンデ)の川下り。

Photo

メンバー:N橋、ジーノ、ナスミン、Canoe.Oyaji
水位:125mm(下野宮) 前々日の雨で若干水量増、でも濁るほどの雨量で無いところが妙。
水質:いつもの久慈川レベル(そんなのわかるか!と一人ツッコミ)

10時にトンネル上流側からDR開始。
メンバーは小さな波を捉えて感覚&周辺の紅葉状態をを確かめながら鉄橋の瀬へ。
それぞれが波を捉えて楽しくサーフィン(七曲へのイントロ)

七曲では、上段でサーフィンのフォーム確認。(褒めたり、ダメだししたり)
何本か乗って、そろそろ2段目へ!
と思ったら、N橋が波に押され、艇が斜めになって流されている。
持ち直すかな?と期待を込めながら眺めていると2段目の直前で 

脱、ダツ、だつ、奪

1

2

「俺の2段目を返してくれ~」
と思いながら回収へ向かう。

結局、200~300mは流されて無事回収(本人と艇)
水出しついでに小休止。ここでおまじないの「あんパン」を食す。(DR前に食べなくては意味がありませんと言うか、これからの核心部(紅葉の瀬)に向けてのおまじないか?)
「年を重ねると、反応が遅くなりリカバリー等が間に合わない」と重鎮の重いお言葉をいただき、全員「納得」でした。

「前回脱ったんだよね」とジーノがチョット不安げに一言。
核心部への進入時のパドリング(ラダー操作等)をレクチャーして、紅葉へ突入!
落ち込み後の最終波はまるで滑走路!
波頭を捉えると綺麗に飛びます。全員無事に通過。

Photo_2

スラロームの瀬でもチョットねちっこく、岩陰を捉えて出たり入ったり。
良い練習になりました。
このコースは基礎練習にもってこいです、紅葉があるうちにもう一度漕ぎたいな(o^-^o)

DR後、昼食に和食やサンへ寄ったら、ほぼ満席状態。
奥久慈は紅葉が見頃なので大子町近傍は何処もにぎわっていたみたいです。
ちなみに、矢祭公園の紅葉も綺麗で駐車場は満車状態でした。吊橋の赤が映えていました。

Photo_3

続きを読む "紅葉の久慈川DR"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御前山トレランサポート

茨城の魅力再発見的なイベントに我々(ガチガチの茨城ッ子)も側面から、S坂、Coo、Canoe.Oyaji、王者Ko、サポートN橋がサポート。

Photo

第1回御前山トレラン大会が11/6に御前山の「関東ふれあいの道」を中心に設定したトレラン大会をMTBでサポート、基本山道を走るトレランなのでMTBの機動力を生かして、コース内をウロウロしてきました。
カテゴリーロング:27Km、ミドル:15km、ショート:10kmのコース設定で、ロングとミドル&ショートを2班で受け持ち、ケガ人やコース案内がメインのお仕事でした。

Photo_2

Coo

我々MTB部のホームコースでしたが久しく走っていなくて感覚も体力も落ちていて、一緒に走ったメンバーは更に全身筋肉痛でガタガタ、コチコチになってしまいました。

大会は参加者:約400人、運営に多少問題はあったかと思いますが、トレイルは最高ですので大会のみならず多くの方に楽しんでもらえればと思います。

Photo_3

トレラン&MTB 最高!!!
(ン、我々はカヌークラブ???)

続きを読む "御前山トレランサポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

那珂川ワイワイツーリング

10月最後の週末、久しぶりの大人数で、那珂川中流域のワイワイツーリングです。

土曜日(29日)今年入会してくれた、N-Kenさんと宮原キャンプ場で合流し、宮境橋付近で基礎錬(フェリーやターンでのリーンのかけ方、パドリングの基礎等)。
N-Kenはクラブ所有の旧モデル艇(ボーテックス)で練習していたが、最近新艇(4FUN)を購入して今回が2回目?程度のピカピカでした。(4FUNは非常に乗り易いと絶賛)

Nken

まだ、水や姿勢の変化に慣れない様子ですが、次にお逢いする時はバリバリのパドラーになっている事を期待シテイマス。

 夜は宮原でキャンプ。

Photo

夕方にDr-湯と合流。晩飯は市内の食堂で釜飯を美味しく戴きました。
暗くなって、仕事終わりのGan103とナスミンも合流。
薪ストーブとたき火で暖とおでんやホットワインを食しながら楽しい夜を過ごしました。

Photo_2

日曜日(30日)はDRメンバー9人が集合。久しぶりの大人数、楽しみ。
(ナスミン、Gan103、N木、Coo、Dr-湯、ジーノ、骨折男+シル婆さん、Canoe.Oyaji、ヒロ)
Dr-湯は超久しぶりの川下りで、新兵器を投入。
折り紙を参考にして設計されたという、「ORU-KAYAK」、ファルトともインフレータブルとも違って目から鱗でした。

宮原キャンプ場を出てヤナ前の瀞場でヤマセミ、カワセミの見送りを受けスタート。
烏山大橋下の堰堤は右岸を全員が乗艇で通過。
ここは降りる様かなと思っていたが、意外と多い水量に「ラッキー」。
水質も2mくらいの透明度があり、バッチリ。(金曜日の雨で泥水と化した久慈川でなくて良かった)

Drcoo

堰堤を過ぎると見晴らしの良いエリアとなるが、右岸にテトラ群が現れイヤらしい波が立っていました。
吸い込まれるような波で「気をつける様」左岸通過を指示したが、少し中央寄りを通過したCooが引き波でバランスを崩し「沈」。
ここ2年まともに漕いでいないので、沈脱覚悟でレスキュー体勢に入るが見事にスネークロールで復活。おみごと!!!!!
舟戸前では砂利の堆積でジャラ瀬となっていたが、ファルトの骨折男+シル婆さんを除きなんとかクリア。シル婆さんは我慢できずここでダイブ!

 荒川との合流付近で出会ったパーティーは、何と沈脱大王はじめとする黒磯CCのメンバー。流石に瀬ごとにミッチリ波を捉えて練習(これが大事なんだよね~)

以外に水量があったおかげで流速があり、パドリングで苦労することなくワイワイと楽しく川下りが出来ました。

参加の皆さん、お疲れ様でした。
紅葉の時期にもう一度やりたいですね。

続きを読む "那珂川ワイワイツーリング"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »