« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

高鈴山でスノーシュー(1/30)

結構雪が降りましたね。この機会をとらえて、1/30にチューさんとN橋が 高鈴山にスノーシューを楽しんできました。

山中には十分な雪が積もり、プチ冬山登山を楽しめました。
さすがに、山に入っている人はいませんでしたが、登山口から300mの位置まで降ってくると、スキーのシュプールがありました。
あとで駐車場でお会いましたが、 スキーで登っている方が一人いました。
好き者はどこにでもいるものですね。
また、雪が降ったら、楽しみたいと思います。
皆さん、いかかですか。
/N橋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1/23安全祈願MTBライド動画報告

昨日のMTBライドの動画を報告します。
本当に楽しいトラックでした。
またやりましょう。
/Nはし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MTB部報告

里山企画第3弾、今回は茨城県北部。
参加者はCoo、ジーノ、骨折男、N橋、Canoe.Oyaji。

今世紀一番の寒気が日本列島を囲んでいた土曜日、ペダルを漕ぎ漕ぎしてきました。
前半は準備体操(?)ダブルトラックで体を温めます。

A

シングルトラックに入ると、先日の嵐のせいで小枝や落ち葉がびっしりで走りづらいこと。
でも、シングルトラックはやっぱり楽しい!!!!!

A_2

みんな、それぞれ大地と戯れ(転倒)ましたが、みんな笑顔です。

An
安全祈願もしてきました。

私たちのほか、もう1パーティー 同じ山に入っていましたが、県外からのMTBバイカーでした。(茨城の里山を楽しまれた様子で何よりです)
最後のジェットコースターコース前で猟師の方と遭遇し、状況を確認したら「今、犬を放したところなので、危険だ」という事でう回路へ。(猟師のおじさん、ありがとうございました)

帰りは坂東太郎の煮込みうどんで腹も満腹、MTBで身体も心も満腹。

みなさん、お疲れ様でした。

続きを読む "MTB部報告"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コソ錬(雪編)

先週、季節外れの雨に見舞われたスキー部でしたのでリベンジとしたい所でしたが、何処のスキー場も雪が泣く(無く)リベンジはもう少し先にして、私(Canoe.Oyaji)のコソ錬に、ナスミン、Coo+S-Chan]、私の愚息Hに付き合ってもらいました。

天気はそこそこ(この時期としては良い方)です。
ゲレンデ1面で緩斜面、しかも人があまりいない(と予想して)羽鳥湖へ。
実際にはゲレンデ2面、リフト2本でオープンしていました。

先週1本しか滑れず足慣らしにもなっていないので、今回もボードの記憶回復(コソ錬)です。
今シーズンのSC(サイドカントリー:バックカントリーまでは行けないので横をコソコソと)をボードにするか?、テレマークにするか?・・・なんて全く個人的な都合で(*_ _)

Photo

ナスミンは、今シーズン3回目?で滑りの感触はバッチリ。後は山に雪が降るのを待つだけです。
Cooはボードで1本滑ったが記憶が戻らずS-Chanに呆れられスキーに変更、バッチ1級のS-Chanは流石に余裕です。(ここじゃ物足りないですよね)

Photo_3

愚息Hは久しぶりのスキーでこちらも記憶回復しながらでした。

記憶喪失状態のMCCスキー部ですが、昼食は学習しています。
ゲレ食は名前に惑わされずカレー、ソースかつ丼等味の濃いもので腹を満たしました。
食中食後と話が弾み回復した記憶も忘れそうでした。

Photo_4

皆さん、お疲れ様でした。

続きを読む "コソ錬(雪編)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

16年初滑り

1/3にカヌー親父、ナスミン、N橋で初滑りを敢行。

6:30に白河に集合、グランデコに向かう。
経費削減のため、一般道を選択肢、白河からR294で異苗代湖の南岸を目指した。
道路に積雪もなく40分程度快適にドライブして、峠の手前の緩いカーブでアクシデント発生。

なんと、大型トラックがスリップして道路を塞いでいるではないか。

トラックドライバーもなんとか移動しようとするも、益々道路を塞ぐ状態になってしまった。パトカーが来たが、融雪剤も携帯していない。
開通には時間がかかると判断して、戻り、郡山南から高速道路に乗るべく移動した。
やっとの思いで高速道路に乗り、異苗代方面に向かうにつれて、曇り空になり、 高速を降りる頃には小雨になってしまった。
途中にビジタセンターでタクシーの運転手からグランデコも麓は小雨との情報を得たため、 猫魔スキー場に向かうことにした。
途中スリップ渋滞に遭遇してが、なんとか猫魔に到着したが、 相変わらず小雨のため、滑ることを諦めて、会津経由で羽鳥湖スキー場に向かうことになった。
途中、牛乳屋食堂でラーメンでも食べて行こうとしたが、大人数の行列ができていて断念。
・・・・・・以上の散々な経緯で、約6時間かかって羽鳥湖スキー場に到着。
一本のみ運転していたリフトでゲレンデの途中まで上がり、そこから30分程度ハイクアップして、ゲレンデ最上部から1本滑ることができた。
非常に記憶に残る 充実した初滑りでした。
 

A

A_3

A_4

続きを読む "16年初滑り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »