« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

9/28那須トレッキング

昨日9/28に、ナスミンさんとN橋で那須連山のトレッキングを楽しんできました。当初の予
定では、那須五峰を縦走する計画でしたが、時間の関係で三本槍岳、朝日岳、茶臼岳の
三峰のみとなりました。

続きを読む "9/28那須トレッキング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石岡ポタリング

快晴の9/28 「歴史の街:石岡」をポタリング。
参加者:骨折男、み~、Canoe.Oyajiの3人。
常陸風土記の丘を9:30出発し、14:20に戻る超ノンビリのポタリングです。

Sr
稲刈りの終わって広々の恋瀬川サイクリングロード

Photo
遠くに名峰筑波山が出迎えてくれました。

Photo_2
石岡駅付近の駐車場に???の看板???

Photo_3
まるで「三丁目の夕日」

3
旧商家(今でも営業しているのがすごい)

Photo_4
室内の見学が出来る「丁子屋」さん

Photo_5
玄関からの目線で・・・。

2
見学が終了して靴を履いています。

Photo_6
「常陸国分寺」となりに寺跡の遺跡あり

Photo_7
府中城址で彼岸花に蝶が・・・

Photo_8
昼食はこれも旧商家の蕎麦屋さん「東京庵」

Img039_3
駅前でこんなん地図がもらえま~す。 (赤線:ポタリングルート)

これでみ~チャンもMTBオーナーですね、伝えたい事が、いっぱいあります。
これからもイッパイ走りましょう。

お二人さん、お疲れ様&ありがとうございました。
/C.Oyaji

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久慈川&那珂川ダブルヘッダー

9/14 早朝の久慈川&ムモでのスポット錬のダブルヘッダーを敢行しました。
参加者:
久慈川:ゴマ吉さん(ゲスト)、ナスミン、ジーノ、N橋、Canoe.Oyaji
ムモ:ナスミン、ジーノ、N橋、Canoe.Oyaji、Gan103

久慈川DRは早朝に限ることが先週実証したことで、今週も6時集合で、気温13℃、朝靄のなかを6:50矢祭をスタート。

ゴマ吉さんが北関東へ遠征とのことで、ナスミン経由で御一緒刺させていただきました。
久慈川の経験はヤナから下流のメジャールートを一度とのことでした、今回の矢祭ルートは初めてでちょっと緊張していましたが、水位が若干高めでDRには何よりの水量で川も歓迎していました。(カメラを忘れてしまったので写真がありません:ゴメンナサイ)

動画BGMガミュートされています。会長乗っている画像がなくてすみません。(Nはし)

Ap914000
朝靄の中、ルート説明。
6:50スタートして8:30にゴールしましたが、釣り師は七曲下流に1人。
下野宮では釣り師たちが川入りの準備していました。
吊り橋の瀬でN橋が1沈無脱。(先週のリベンジなる)

Ap9146851
場所をムモに変えて、N橋のライディング

Ap9146901
ジーノのライディング

Ap9146921
N橋、2脱。1回目みんなで回収。2回目放置プレー。

Ap9146923
何とナスミンンもN橋病が感染?

Ap9146924
ダブルヘッダーは疲れます。

Ap9146943
終了間際にGan103が合流。
初老の先発隊は疲れがたまってしいました。

/Canoe.Oyaji

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

早朝の矢祭DR

下野宮:1.24m、日中晴れ(朝:21℃)

昨夜、N橋からの「翌朝6時、下野宮集合」招集指令に集まったのは、C.Oyaji一人。
結局2名で久しぶりの下野宮コース。

Ap9066646
安全祈願は「あんパン」で!

Ap9066647
スタート前(6:30)

Ap9066648
前回の「脱」から脱するために「あんパン」をかじるN橋

Ap9066652
鉄橋の瀬を攻める

Ap9066681
「パドル折れの瀬」で「脱」してしまいました。

Ap9066708_2
「七曲(上)」を攻める

Ap9066678_2
途中の瀞場でイメージ回復を練ります

6:30にスタートして、9:10ゴール。
今日の釣り師は皆穏やかでしたが、「お風呂の瀬」の上流で一人(6:40頃。あまりの早出に驚きでしたが、釣果は???。

スラロームの瀬に着くころには、8:30を廻っており釣り師が3人、回避しながら何とかゴールまで到着。(9:10)
岩間をくぐり、パドリング&サーフィン、そしてロール。
今更ながら、スラロームの瀬は漕ぎの基礎練習に最高です。

回送時(9:30過ぎ)には、川には釣り師がいっぱい。
久慈川の早朝は6:00が良いですね。

/C.Oyaji

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »