« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

久慈川ツーリング

4/23(土)に今シーズン初ツアーとして久慈川(矢祭~下宮)を
楽しんできました。
参加者はタヌキ、マツ、N橋の3名です。す
天候の崩れが心配されたので、決行決定は当日の朝6時50分になってしまいました。
今回、シャケさんから参加表明があったのですが、連絡がつかなくて、三人でのツアーいなった次第です。
シャケさん連絡がまずくてすみませんでした。
月待ちの滝に全員そろったのが10時半で、スタートは11時になりました。
水量は多めで、水質も良く、天候のくずれもなく絶好のコンデションで、
久しぶりのパドリングに気持ちはワクワクのスタートです。
タヌキ氏は今年初漕ぎとあって、骨折男氏のビックボートでの参加です。Web_yanasita
新緑と山吹の花を眺めながら、瀬で遊びつつ楽しく、水の感触を楽しみました。
途中、早くもマツはロールの連発です。タヌキはビックボートで何らの問題もなく下っています。
スタートして約1時半弱で紅葉の瀬に到着、今回は下見なしで突入しました。
一番手がN橋です。一段目の落ち込みで右岸により過ぎて、大きく立っている波にスターンにニードロップを受け
チン、ロールを一回試みるもチン脱の憂き目をみました。
二番手はマツ、N橋の様子を見て中央ルートを選択しクリアーしました。
三番手はタヌキ、ビックボートではこの程度の瀬は何の問題もなく、楽々とクリアーです。
今橋は納得がいかず、再度トライ、初回とほぼ同一のルートになってしまい、
最初の瀬で危うくチンの状況であったが、なんとかクリアーすることができました。
Web_kuji
次はスラロームの瀬です。瀬の入り口でマツがチンするもロールでリカバリー、
しかし、中央部で再度チン、必死に数回ロールをトライ、しかし浅いのと岩か多く艇がスタックしてしまうので
チン脱せざるを得ませんでした。打撲で体に痣が残った模様。
この辺になると、気温も下がってきたので、先を急ぎました。
最後はパチンコの瀬です。今回は最終段の岩がちょうどルートの真ん中で、頭が出ている水量であったため、
非常に嫌らしい状況でした。
一番N橋はこの岩の避けた瞬間、スターンを食われあえなくチン、ロールを試みるもまたもだめで、チン脱していまいました。
少し我慢して再度チャレンジすれば良いのでしょうが、今回は初こぎみたいなもの、あきらめました。練習しないとね。
二番手はマツ、N橋と同じところでチンするもロールでリカバリー、今回のパチンコの瀬は久しぶりに
難しかったです。
三番手タヌキはビックボートで何の問題もなくクリアー、タヌキ氏曰く「久慈川はこの船に限る」。
そんなこんなで、月待ちの滝に到着、充実したカヤックキングを堪能することができました。
しれにしても、例のビックボートは新人にはだめだね。それとタヌキさん、楽はいけません。
さて、連休はキャンプです。マツ副会長運営よろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

エクストリーム 烏山大会

今年もエクストリームシリーズ 烏山大会に参戦しました。

昨年の大会で得た経験から地図読みが極端に弱い我々は、3月に2回現地(烏山)にて地図読みの特訓をしました。地図上での現在地や目的地の割り出し方などハセの指導の下できるようになってきました。でも、途中走ったりすると距離感がずれ迷走することも・・・。また、カヌー錬にてもK田君は一生懸命、御前山で那珂川の波と格闘し、準備万端のはずでした。

10時にヤナをスタートして、ランで4ポイントをとる1stステージ。Photo_4 先頭から5番手くらいで1cpゲット。2cpを探すが勘違いして山の頂上へ登ってしまう、実際には林道の突き当たりにあり、約10番手に下がる。

3cpをとり4cpへ向かうが斜面の下には沢があり、まるで作ったかのような丸木橋(強風等で倒れた模様)を渡り4cpゲット。一般道を走り、ヤナに戻るが目の前には数組がいる。次はカヤックセクションで少し休憩できるので、一気にパスする(後で考えるとチョット無理があったのかもしれない;前半飛ばしすぎないのはセオリーです)

2ndステージはカヤックセクションで、練習の成果が出て何事も無くクリア。でも、途中にあるクイズが外れ10分のペナルティーをもらうこと。3rdステージはMTBで、今回個人的に予想をはずしたパートでした。

昨年のMTBは殆ど乗ることが出来ず担ぎばっかりでしたので、走破性よりも担ぎ上げ重視のMTBを選択してしまいました。このことが後々まで響いてしまいました。

今回のコースは6cp7cpをとった後数km一般道を走り8cpでチームチャレンジ(3人で協力してみかんを運ぶ)、また数km一般道を走り9cp10cpMTBでとるという走り応えがある設定でした。

前半の6,7cpは一度練習で走っているので問題は無かった(ハセ、K田は)のですが、自分の太股が悲鳴を上げ始め、思ったように走れませんでした。でも、下り基調のシングルトラックだったので何とか誤魔化しながらクリア。ここで、2位のチームに追いつき「いける」と思ったのですが、一般道の登り坂が続き自分一人が一気にペースダウン。ハセ/K田はジッと待ち。

何度かの坂を登るがMTBのギアの調子も悪く、インナー・ロー(一番軽いギア)しか使えず漕いでも漕いでも進まない。ギアチェンジをすると自動変則(勝手に変わる)が始まってしまい、益々体力が無くなる。MTBの選択ミス(整備不良もあり)を悔やみました。

MTB後半は今きた道を一気に下り9,10cpへ向かう。一般道から登山道へ入り下ったら非常に楽しそうなトレイルを登るがこれがまた辛い。我慢して乗っても、押しても足が攣る。両足の大腿筋が痙攣し屈指動作が多くなる。

K田君のリアディレイラーにもトラブルが発生したり、自分の両足も何とかごまかして、頂上?を過ぎ10cpを発見?「エ!!!9cpがない?」

やっと登ってきたルートを下りあらためて9cpゲット。なんと9cpは誰でも判る位置に設定してあったのに何故見逃したのか?この間約45分のロス。

11cpには14:30頃に到着し、4ステージ、ランで県境沿いの山中にある12,13cpを目指す。

12cpは予定通りにゲットしたが13cpに向かう尾根の中、「自分たちの居場所がなんか変だよ」となり、じっくり地図読み。尾根を一本間違えたことに気づき分岐まで戻る。

本来の尾根を走りながらも13cpがなかなか現れない。ここでもじっくり地図を読み現在地を確かめる。<この辺が昨年より成長しているところです>やっと13cpをゲットし後はルートを開拓し14cp(11cpと同じ場所)へ戻る。

最終ステージはMTBでヤナまで戻る、ここでゴールテープが待っている。ゴール直前でMTBを降り、MTBを持ち上げながらゴール!!!Photo_5

念願の完全完走ができました。ハセ君K田君には足を引っ張って申し訳ありませんでした。次回はもうチョット走れるように練習します。

応援に来てくれた皆さん、寒い中お疲れ様でした。さらに、自分たちの分まで蕎麦を食べていただき有難うございました(次回は選手が食べるぞ~~~!)

烏山の皆さん、駐車場整理から蕎麦、スイトンの配給、烏山太鼓の披露まで、いろいろなサポート有難うございました。本当に楽しい一日でした。夏の山あげ祭り、みかん狩りにも行きたいです。Photo_6

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

カヌー錬(今年初)

4/5(土)御前山で初漕ぎをしました。Photo
参加者はマツ、ハセ、K田、N橋、親父、そして
R川さんと骨折男さんが顔をだしてくれました。
当日は天候に恵まれ、水温もそれほど冷たくもなく(K田さんどうでした?)
ちょっと早い水遊びには絶好の日和。
最初は基本ストロークを中心に、久しぶりの水の感触を確かめつつ、
土手の桜や菜の花を見ながらゆったりと楽しみました。
昼食後は、橋の下の流れに漕ぎだし、スリームイン、アウトの基本練習です。
ここで、マツ、ハセはうれしそうにロール、K田も真似をして沈脱、
若いものは元気でうらやましい!!
Photo_2
その後、よどみで復習、若者のロール大会と真面目なクラブ活動をしました。
終了後、R川さんが準備してくれたたき火を囲んで体を暖めて、終了しました。
今回で、今シーズンもスタートです。
みなさん、今年も楽しみましょう。
追伸:R川さん、たき火と差し入れありがとうございました。
骨折男さん、花粉が収まったらまた遊びましょう。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »