« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

プチナナ(筑波山)

 N橋とシャケは10:30にパープルラインの入り口に位置する「小町の里」を出発。

新治浄水場の少し先のダート林道を登る。
激坂ではないのでウォーミングアップにはよいが、高低差150m以上は稼ぐので、結構きつい。中央青年の家、ふじよし旅館を経由してパープルラインンにでて朝日峠駐車場へ向かう。Web62
朝日峠駐車場でダウンヒラー骨折男と合流。
骨折男がフルレガースで固めている間にシャケとN橋はさらに50m程度上の中継所まで上がり、林の中のダウンロードと林道を走り朝日峠へもどった。
 三人でパラグライダーのテクオフポイントとなっている公園からプチななに向かう。
シングルトラックに近い遊歩道を走るが、下り基調で左右に振られる楽しいルートである。
途中、道路の縁石を超え急勾配の階段の脇を下るポイントがある。
シャケが楽々と下り、続いて骨折男がトライ。ところが縁石を超えたところで階段側に転倒、
約2mほど下に飛ばされる。フルレガースで固めたものの、左足首を強打、一瞬うずくまり動けない。
シャケ、N橋は2年前の悪夢が脳裏をよぎったが大事には至らなかった。Web5
 プチななは、大きな岩で形成された50cmから1m程度の落ち込みが連続するルートである。
各ポイントでバイクをおり、ルートを確認しながら下った。Web8
納得が行かなかった箇所では二度三どと繰り返しつつ下り、小町の里へ戻った。
 二本目は通して下ることにしたが、最大の落ち込みが続くポイントでN橋の前輪タイヤがプシューと言う音とともにぺしゃんこになってしまった。乗り方がわるいのか?
 チューブレスタイヤに骨折男が携帯していたチュ-ブを入れる応急措置をして、なんとか小町の里にたどり着くこと ができた。
 
 今回は素晴らしい天候に恵まれ、山頂からの眺めは最高でした。Web4
 また、県北地区で味わえない、豪快なコースを堪能することができました。
 シャケさん、ガイドありがとうございました。
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

12/2の裏御前山MTB

またまた遅くなりましたが、12/2の裏御前山MTBの報告です。裏御前山てどこでしょう?それは、内緒・・秘密です。先ず一般の人は入らないと思います。倒木で道が塞がれていたりと、かなりワイルドなルートです。人が入らないので素晴らしい雰囲気の山全体を独り占めできます。夏は熊笹に行く手を阻まれて、入り込むことができません。晩秋の今の時期、落ち葉の絨毯を引きつめたシングルトラックが僕たちを別世界へ誘ってくれます。それでは、雰囲気を写真でお裾分けします。

/N橋

Imgp1790
Imgp1791
Imgp1792
Imgp1794
Imgp1795
Imgp1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MCC忘年会

報告が遅れましたが、12/1に忘年会を行いました。会場はクラブハウス「どうたぬき]
,参加者は4名と寂しかったのですが、すき焼きに舌鼓を打ちつつ、過激なカヤックのDVDを見て、来年はもっとスキルを上げようなどと心に誓いあいました。
新年会はあらともの森で開催予定です。
マツが企画中です。皆さんの参加をお待ちしています。
/N橋
Imgp1789

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晩秋の御前山MTB:12/8

12/8にN橋と骨折男で晩秋の御前山MTBを楽しんできました。
最近、カヌー親父が理由あって活動自粛中のため、半病人二人での活動が多くなています。N橋も少しづつ走れるようなってきました。早く、カヌー親父の全開(全快)祝いをやりたいものです。
以下、骨折男のレポーとです。:いやぁ〜、自走で「御前山」まで走って、「こまねぎ峠」を上下し、大天狗林道を上がり、いつもの登山道を走った後、また、自宅へ自走で帰る。
さすがに、これは「効いた」・・・・ 普段の自主トレより30%UPだった。帰りの自宅への道のりの遠く感じたったらありゃしない。 参ったよ、久々に・・・
まだまだ、修行(トレーニング)が足りないなぁ〜、と思い知らされた。
ただ、あまりハードにし過ぎると、病気に影響するし、難しいところです。

/N橋
Imgp1812_6Imgp1811

続きを読む "晩秋の御前山MTB:12/8 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »