« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

スキルアップ月間?

6月に入り川は釣師たちに占領され、パドラーには肩身の狭い季節です。そんな中の先週、そして今週とパドリングスキルアップスクールを実施しました。

生徒;ボーイスカウトの子供たち、ハセ、マツ、ハカセ。先生;N橋、胴狸、親父。観客;◎川、骨折男。

6月9日(大雨の予想も覆り、曇の一日でした);ボーイスカウトの子供たちと基礎練習。あまりの覚えのよさから教えることも無く、ハセ&マツのロール練習に専念。地上錬(イメージトレーニング)、リカバリー錬、ロール錬、と順番にこなし、かなりの確立で成功できるまでに上達しました。

6月10日;マツは前日の練習で筋肉痛の極致で休み。ボーイスカウトの子供たち(昨日と違う子達)と基礎練習。合間にハセと親父はアドベンチャー対策のカヌー錬(増水した川登)。昼食後御前山の山道をトレールランニングで汗を流しました。(これもアドベンチャー対策です)

6月16日(梅雨入りはしたものの、さわやかな晴天);マツ、ハカセのロール錬。水も温くロール錬には絶好な天候でした。マツは午前中の練習で笑いすぎ腹筋を痛め、午後は見学。ハカセは午後合流し、イメトレ、リカバリー、・・・と手順通りに進み、介添え無しで起き上がれるようになりました(確率はまだ低いですが)。  今週はロール錬用にVTRを用意し、プロの実践ロールを観てイメージを膨らませ、実際にやっている姿を写し比較するという、ショップ顔負けのスクールでした(自画自賛)。

今回参加した生徒の皆さん、ロールの基本は教えましたので今後(暖かい時期に)は自ら進んで水と馴染んでください。数をこなした方には敵いません。

6月から7月はツーリングが出来ないため、このようなスキルアップスクールをやりますので一声かけてください。都合の付く限り協力します。(で、来週もやるの???) <カヌー親父>

練習の模様

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=kKxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXHjEYGJBYuJLOSEhRXPKHlXbvu73Ci8CqIZgVPU2hkaolZ7Ro8dii7hzs

成果

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=uUxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXRjEYGJBYuJLOSEhRXPKHlXbvu73Ci8MqIZgVPU2hkanl_URhbBan7hzs

続きを読む "スキルアップ月間?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スポーツエス カヌー大会

今年も、恒例の「スポーツエス 久慈川カヌーレース」に参加しました。
出場者は、当クラブから「ドウタヌキ」「骨折男」の二名で、OC2(カナディアン)クラスに出場!栃木から応援に来てくれた「ハカセ」に感謝!
そして結果は、なんと2位! となり、万年3位だった今までを払拭できました。
しかし、問題もあった・・・ 「ドウタヌキ」!いいかげん運動不足を露呈しすぎだぞ・・・・ 前に乗るエンジンがへばってちゃぁダメだよね? オイラ? おいらは良いの、「病人&障害者」なんだから・・・・・・
この2位も、実はメチャ接戦だったのだ。最後はコース取りで勝てたようなものかな?
でも、1位の例のあいつらは、ヤッパ早すぎ! 200m以上は離されたもん。
でも、レース後のジャンケン大会では、おいらのみ2勝し、ケッコウ良いものをGETできした。バッチシ元は取れたぜ!!!!(ハカセが途中で帰ったすぐ後、応援に来てくれたマツもしっかり景品GETしてました。)
来年も絶対2位は死守しよう! 最後に「ハカセ」のコメント、「レースと聞いていたので、こんなにフレンドリーなものとは思わなかった。ぜひ来年は参加します!」との事。 メッチャ気軽なレールです。来年はクラブの皆さんも参加しましょうよ! よろしくネ!!
それと、今回は、NHKの取材クルーが来ていて、TVカメラを回してました。 「ここはうちの名を売るいい機会だ、とばかりに、カメラマンを乗せて、カヤックレースの迫力ある(?)シーンの撮影に協力しておきました。 <骨折男>

続きを読む "スポーツエス カヌー大会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

6月3日

6月3日は「スポーツエスカヌー大会」、「王滝100km」、2つのイベントがありました。

1)スポーツエスカヌー大会報告   水戸カヌー⇒2位入賞(カナディアン部)しました。昨年より 順位を一つUPです ヤッタゼ (^0^)/
後、NHKのTVクルーが取材に来てましたので、もしかしたら 夕方の 首都圏ニュース 645 に出るかもよ・・     <骨折男&ドウタヌキおめでとう&お疲れ様でした>

2)王滝100km   大会名:クロスマウンテンバイク(100km)
場所:長野県王滝村
路面状況:ドライ
スタート時間:6時(制限時間10時間)
出場者:カヌー親父、ハセ
結果:カヌー親父(6時間31分、77位);ハセ(5時間52分、19位)
累積標高:約2400m

御嶽山南側山麓に広がる、普段は一般者立ち入り禁止の林道を開放して行われるこの
大会。
昨年自分がMTBを購入した目的もアドベンチャーとそしてこのレースに参戦するためであった。一周約100kmのほぼすべてがオフロード、そしてその道には鋭角な石(&岩)がごろごろ転がっている過酷なレースではあるが、途中で見ることの出来る手つかずの自然は疲れを一瞬忘れさせてくれる?美しさである。そんな大会にカヌー親父と参加してきました。

前日朝4時半にカヌー親父邸に集合し、他の同乗者1名との計3人で一路王滝村を目指し出発した。ひどい渋滞もなく11時前には木曽福島に到着。王滝村に行っても特にやることがないため近くにある中山道奈良井宿を見に行きました。川沿いに並ぶ木造建築の宿場街は、情緒があり非常に良かったです。一度行ってみることをお勧めします。

その後、王滝村に乗り込み受付をすませて明日に向けてバイクの最終調整、スペシャルドリンク製作を行い、午後10時に就寝しました。翌朝3時過ぎに起床すると外は曇り、気温は寒くない程度と絶好のコンディション。6時間の長丁場に向けて朝ご飯を完食(ご飯2杯)、装備を整え5時にはスタート会場に向かいました。スタートに着くとすでに200台以上のバイクが置かれていました。スタート直後に前に出やすいように列の端側にバイクを置き準備体操をしながらスタートまで待ちます。スタート直前には自分たちの後ろにも長い列。こんな朝早くから山を100km走るなんて、一般人には理解出来ない人たちがたくさん居るのを実感しました。

早朝6時、変な鳴り物の音で一斉スタート。とりあえず目標を「6時間以内完走」に設定し、最初の数kmは舗装道を先導車に率いられて林道まで進む。周りからの情報で林道に入ると渋滞すると聞いていたので無理をしない程度に前にすすみ30位くらいにつけて先導車がいなくなるのをまっていた。そして、林道に入った直後少しペースを上げ、登りで遅い人をパスしていく。ここ2ヶ月の走り込みの成果か無理をしないペースでも周りを抜いていける、調子も悪くない。少したつとかなり人もばらけて前後で数人しかいなくなってきた。先も長いのでとりあえずはペース維持でひたすら上る。そんななか、渓流にかかる橋を渡るたびに水の透明度と開けた景色に感動するが、そんなのを気にしながら走っているのはどうも自分だけのようでした。そして、
長い登りの後下りが始まるとコーナーで前輪がどうも滑る。技術不足もあるが、タイヤの空気圧が高すぎるようでグリップが足りない感じでした。林道の外側は崖で落ちたら死ぬなと思い急遽目標に「安全に、けがなく」を追加。これで余裕(あきらめともいう?)が出来たので後は淡々と登り、下りで越され、また登りで抜き返しを繰り返しながらの6時間。途中、天然水でドリンク製造でとまり、登りながら御嶽山を眺めたりと王滝村を満喫。予定道理6時間を切ってゴールとなりました。

目標を達成出来た点は満足でしたが、自分の限界を出したかといわれれば手を抜きすぎた感があるレースでした。今回、王滝を満喫したので次はちょっとがんばってみようかと気持ちを新たにしました。予定では、7月にOSJとSDA、9月100kmと三度王滝村でのレースに出場するので、これからは「ガレ場の下り」を練習です(K田さん、一緒に下りも速くなりませんか)。

とまあ、こんな感じですがとにかく満足度の高い大会でした。MTBにちょっとでも興味のある皆さん、王滝に出てみませんか。レースと考えずツーリングと思えばかなり楽しめますよ。

ハセ

続きを読む "6月3日"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »