« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

那珂川紅葉狩りツーリング

11月18日(土)、舟戸~大瀬間の紅葉ツーリングを楽しみました。
今回の参加者は7人+1匹です。
2名は前日の夜に御前山に到着してキャンプしたとのこと、ちょうど寒さがきつい夜だったので、風邪でもひかなかたらいいんだけど。
でも、満天の星空には感動したとのことでした。よかったね!

今回、流れの中を下るのは今回が初めての人が1名いましたが、途中一度沈をして立派なカヌーイーストになり、紅葉の那珂川を堪能していたようです。
暖かくなったら、びしびしと楽しみましょう。
今回は鮭の群れがいたるところで見られ、那珂川の自然の深さをあ
らためて実感しました。

Photo_17 Photo_18 Photo_21 Ikvnabdckrcq0cac1o03ks3kskxl00_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久慈川ツーリング

10月28日、矢祭~下野宮までの定番コースをN橋、シャケ、親父の3人でアタ001_1ックして来ました。紅葉にはまだ早かったですが、週初めの雨の影響で水量はたっぷりで川の何処を下っても舟底をすることなく、岩陰ではストリームイン/アウトやサーフィンを楽しみながら安心して下れました。でも、いつもは遊べるポイントでは大きな流れとなり、あっと云う間に流されてしまうこともシバシバでした。

スタート地点では乗艇に手こずるも無事、水上人となる。でも水は結構冷たく水中人にならないことをお互いに誓いました。シャケは久々のFRYで「感覚がつかめない」とぼやいておりましたが、進むにつれて感覚も戻り楽しくサーフィンに興じていました。Photo_16

七曲の瀬では大きなうねりとなり上流側でのスポットプレーは流されてしまう始末、でもサーフィンのポイントはいつもより多く、かつ大きくたのしかったです。

紅葉の瀬では左岸からの返し波で複雑に波が立ち、非常に緊張しました。ルートを下見して一人ひとり(レスキューの対応)順番に下りました。途中の波間ではシャケの頭部を越えるくらいの大波が立っていましたが3人とも無事に通過出来ました。

パチンコの瀬では豊富な水量の恵みを受けルート探索に苦労せずにすみましたが、岩陰では思わぬトラップもありN橋は危うく捕まりそうになりました。練習には最高のスポットです。

ゴール前の最後の落ち込みでは、返し波でカヌーはまるで落ち葉(流木)のように大きく左右に振られシャケが水中人となる。(ロールで生還)

今回のツーリングは今までに無いくらいの豊富な水量で、しかも水質も良好であり、非常に楽しいツーリングでした。今年も漕げるのはあと僅かですので次にチャンスがあれば・・・。<カヌー親父>

L001 001_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »