« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

御前山ハイキング

小春日和の週末、皆さんいかがお過ごしですか?昨日の総会で留年(留任)が決まったカヌー親父です。

で、早速、忘年会の企画のため御前山を走ってきました(口実以外の何者でもない)。12月3日は心ゆくまで語り合い、翌日は紅葉の里山をハイキングしようと計画中です。旅行村でMTBを借りて、落ち葉のじゅうたんを踏みしめながらノンビリ走りましょう。

皆さんの参加をお待ちしています。

CA280022 落ち葉の絨毯を敷き詰めた道

CA280023 東屋で一休み

             <カヌー親父>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サイクルモード

11月12日、N橋、S畠、M上、親父でサイクルモード(幕張メッセ)に行って来ました。モーターショーの自転車版で、各社のトップも出るが試乗できるので非常に楽しい一日でした。

2輪駆動の自転車や内装ギヤ(オートバイみたいなもの)やリカンベント(寝そべって乗る)物などいろいろありました。個人的にはトライアルのデモとMTB女子全日本チャンプの片山選手のサインをもらったりで満足度80%かな?

23日にはツインリンク茂木でイベントがありますので、時間のある方は行ってみてはいかがでしょうか?S畠、M上両氏は行くそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久慈川紅葉ツーリング

11月5日、天は我々を歓迎したのか!木曜日の天気予報では曇りのち雨の予報が180度変更の秋晴れ!!!
今年のツーリング企画を締め括る「紅葉ツーリング」に最高の天候をプレゼントしてくれました。
こんな最高なプレゼントをゲットしたのは6名(姫、小町、マツ、W坂、シャケ、親父)。あまりの素晴らしい天気にツーリングコースもチョットハードな袋田コースに決定。
11時大子観光やなの瀞場で久しぶりのパドリングの感触を確かめ、小さな波に歓声を上げながらスタート。
水量は通常に近いが隠れ岩に時々「ドキッ!」としながら、小さな瀬をいくつかクリアし自信がよみがえってきたのか、袋田の瀬でも水しぶきをかぶりながら全員無事通過。袋田駅付近の鉄橋下の瀬では顔を出した岩と隠れ岩が微妙にコースを塞ぎルーと探しに大変でしたが、小町が隠れ岩に気を取られその先の岩に乗り上げ<沈>水中の岩にお尻を打ちながら流され岸に上陸。
丁度昼時でもありここで昼食。昼食のおかずは<沈>話題、小町のかぶっていたヘルメットはN橋さんからお借りしたもので、先週、先々週のツーリングで沈の嵐を繰り返したものであり、本日参加できなかった怨念が乗り移ったのか?は定かではない。
気を取り直しヘルメットをシャケと交換し午後の部スタート。この辺になるとパドリングにも余裕が出来、周りの景色も目に入るようになって久慈川特有の川と山と橋(水郡線&一般道)が織り成す風景に感激!!!いくつかの瀬をクリアして行き本日の最大の難所軍鶏の瀬に差し掛かったが、ここまでイマイチ本流の流れをキャッチできない姫がルートをはずし、助けに行ったシャケは危うく沈しそうになってました(沈ヘル恐るべし)。
で、軍鶏の瀬に入る前に注意事項を言いたかったが、多分聞ける状態ではないのでひたすら「漕げ」の一言。まず、親父がルート確認で1番手で入り途中でロープを構える。2番手はマツ、難なく通過しこれから起こるであろう<沈の嵐>に備えカメラを構える。3番手小町が突入、最後の岩にぶつかりそうになりながら無事通過、4番手姫が瀬の入り口でスピン(これは期待できる)した後に突入、最後の岩もクリアし無事通過。その後W坂、シャケと通過、え、全員クリア?!せっかくカメラを構えたのに・・・。
今日のメインイベントも終了し後少々、隠れ岩に気をつければOK。と思っていたらサプライズな女を自称する小町がまたやってくれました。鰐が淵の入り口で、またまた岩に乗り上げ沈。マツが巻き添え沈。艇を回収に回った親父が岩に挟まれ沈モドキ。最乗艇し鰐が淵に到着(14:30)。
せっかくなのでミニスキルアップ(ストリームイン&アウト)をやっていたら、マツ、小町(2)、シャケが沈(シャケはロール成功)。沈ヘルを被っていたのはシャケです。流れを上手くキャッチできない姫もチャレンジしバランスは崩すも最後の踏ん張りで沈なし。
ゴールめざしR118下の瀬(本日最後)に向かう、水量が少ないため通過ルートの選択に苦戦しながら順次通過してゆく中、姫はまたもみんなと違うルートを選択し大岩に乗り上げ今度は沈かな?と不安(期待)をもたせたが何とかクリア。
カヌー回収後は道の駅大子で温泉に浸かり、大宮市の食堂でタラフク食べて心もお腹も満腹の日曜日でした。
絶好の天候の中実施できた「紅葉の久慈川ツーリング」全工程約8km、所要時間約5時間の特大ツーリングに参加された皆さんお疲れ様でした。クラブイベントとしてのカヌー企画はこれで終了しますが、忘新年会、雪遊び、MTBなど水が温むまでの間、遂次開催しますので参加お願いします。また、個人企画についても連絡を取り合い都合のつく方は参加願います。    <カヌー親父>

1105< 遠くに男体山系をのぞみながら快適なツーリング

  1105

11058_1 <川、山、橋、典型的な久慈川の風景です

 11055ressya

<特別列車が走ってました(レトロ号)

ルート図

「1105map.pdf」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »