« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

久慈川Ⅲ

本日、N橋、シャケ、両氏とともに久慈川ツーリングⅢをしてきました。
コースも先週と同じ(10月で3回目)、天候も同じで、水量は一番少な目(例年よりは多いとのこと)。
水量が下がったことで川面の所々に岩が顔を出し、小さな瀬が多く現れ楽しさは増してました。
水も透明度を増し、水面から見える木々も色づき始め秋を感じながらのツーリングでした(水温は毎週確実に低くなっています)。
紅葉の瀬には名前の通り真っ赤な紅葉がありました、でも見とれていると瀬に食われます。
で、今回の企画は「紅葉の瀬リベンジbyN橋」でしたが、今回も見事に瀬の餌食となり返り討ちとなってしましました(ザンネン!!!)
帰りは来週の下見をしながら帰路に着きました。
来週の案内(11月5日)
場所:久慈川(袋田~上小川or上小川~家和楽)
                                        <カヌー親父>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慈川II追補

N橋です。

今回も川のコンデションは良でしたが、私のコンデションは最悪でした。ココのところ週末まで心身の疲れが残ってしまい、今回も風邪薬をのんでの挑戦でしたが、4連チンと最悪でした。チンの内容が最悪で、ブレースが的確にはいらづ、チンすればロールのポジションまでも持ってゆけづと、かなり落ち込むないようでした。カヌー親父さん、W坂さんサポート有り難うございました。今回の収穫は紅葉の瀬のカヌー親父さんの写真ですかね。

カヌー親父さん:状態がよければ寒くなるまでここをせめませんか。

以上 kanuoyajikouyou

kanuoyajikouyou Wsaka

この写真を見る Nhasi syugou

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久慈川ツーリングⅡ

毎週末、天候には恵まれないのですが、N橋、W坂&親父で久慈川の矢祭~下野宮(先々週と同じルート)をツーリングしてきました。

天候はご承知の通り曇りのち小雨でしたが、ツーリング中は苦にならない程度でした。気温/水温は低め(測定してませんでした)で、確実に秋が深くなっているのを感じられます。水量は先々週よりは少なくなってましたが、例年よりはあり<中の上>程度でした。

10:20スタートし矢祭駅前、ヤナ、紅葉の瀬までには釣師も無く、所々にある小さな落ち込みで瀬遊びをしながらのんびりと下れました。が、水量が落ちていることから隠れ岩が瀬の中に現れ、嫌らしい所もチラチラありました。(N橋氏は瀬の中で隠れ岩に食われになり冷汗・・・なんて場面も)

紅葉の瀬では前回の教訓から一時上陸しスカウティング。前回に比べ水量が少ない分瀬の中央の岩に波が集中し、弾かれそうなチョット嫌らしいルート1本。N橋、親父、W坂の順で突入。前回の怒涛のなかでも難なくクリアしたN橋氏が波の飲まれ<沈>。久しぶりのW坂氏はバランスを崩しながらも、立直しクリア。前回に懲りて艇を替えてリベンジの親父もクリア。今回の沈に納得が行かないN橋氏は2回目チャレンジ、しかし岩の前でチョット臆したのか同じ場所で波の飲まれ<2沈>。体力と気力を相当奪われたのか下流の瀬でも<3沈><4沈>と沈の連発。パチンコの瀬以降は難なく下り無事終了。N橋さん、W坂さんお疲れ様でした。

帰りは矢祭の食堂で鮎の塩焼き&ホットメニューの昼食をとり解散。帰路の途中、知り合いのキャンプ場(旧山方町)に顔を見せた所、バードカービングの展示をやってました。雨天のときやのんびり時は「こんな趣味もいいな」と思いました。キャンプ場のご夫妻&ご近所さんと一緒にログハウスのバンガローでお茶を戴き、ゆっくり楽しい時間を過ごしました。

で次回は11月5日です。場所は那珂川かな?皆さんのご希望により決定します。ふるって参加表明をお願いします。     <カヌー親父>

CA280009 ヤナ下流の瀬で遊ぶW坂氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくればせながら久慈川

各位どの

カヌー親父さん、土曜日はごくろうさまでした。
水量はここ数年でもっとも良い状態でした。
紅葉の瀬も最初の一段目が60cmくらいの落ち込みになっていて、
左側から入ると落ちた個所で、ちょうど右から強烈な返し波の洗礼を受けます。
波は顔を越えるくらいになっていました。私は、何度も経験しているので,
落ちた瞬間に右後方からすくわれるのが予知できていましたので、
何とか耐えることができました。その先にも大きなウエーブが
2箇所あり、まさにWWでコンディションは最高でした。
カヌー親父さんは最初と言うことと、ロデオ艇ということで、ロールの練
習をしていましたが、グーでした。
その後、パチンコの瀬の上流部も右に左にスラローム感覚で楽しめました。
パチンコの瀬もこれまでで最高の状態で、楽しむことができました。
昨年秋も私とカヌー親父さんの2人で、那珂川の上流部を最高の水量で楽
しめましたが、今回の久慈川もめったにお目にかかれないコンデションでしたよ。
こんな時になんで他の方は参加しないのでしょうか?
終了後、鮎の塩焼き+ラーメン+ノンアルコール飲料を楽しみました。
さらに、私の叔父さんのりんご園で、数種類のりんごのアジ比べの
おまけ付の一日でした。
あー楽しかった。

以上IMGP0469 IMGP0470 IMGP0473 IMGP0484N橋でした。 IMGP0485

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナスイオン

今日は天気予報がはずれ、小春日和となり水遊び(瀬遊び)でマイナスイオンをいっぱい取り入れリラックスしてきました。那珂川も10月ともなると水も透き、とっても気持ちが良いです。天気がいいとはいえ平日の昼間、釣師(鮎)が3名ほどいるだけででした、でもカヌーイストは誰もいませんでした。

先日の久慈川ツーリングでは未熟のため沈脱してしまったので、千代橋の瀬での練習です。水量はさほど無くパワーも小さめでしたが、自分にはそこが丁度合っていて上段の瀬で約2時間遊びました。ロールも何度と無くしましたが、せべてクリア出来ました、やはり練習と本番は違うのですね。いつでも出来るように精進せねばいけません。

11月の紅葉ツーリング&紅葉前のミニツーリングしましょう。これからは、水が冷たくなってきます、ウェアー類は濡れても冷たくないもの(アンダー)、濡れにくいもの(アウター)を準備してください。<カヌー親父>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慈川ツーリング

皆さん、おひさ~です。

N橋さんと二人で久しぶりにカヌーツーリングに出掛けました。久慈川の「矢祭~大子(下野宮)」です。昨日の雨で水量が少しあがって、ベストコンディションでした。

矢祭のトンネルのちょっと上流からスタート(10:20)。釣り人が3,4人いましたが、川幅もあり難なくクリア。山すそが河原まで迫っている久慈川独特のロケーションはまた格別です。

小さい瀬で遊びながら下りましたが、基本的に水深が浅いので気を抜くと隠れ岩にゴツン!!なんて感じでした。七曲の瀬もうねりがある程度でした。

もみじの瀬では、左岸からの返し波と本流の流れ込みがぶつかり不規則(本来の流れなのかもしれませんが)な波が出来ており、N橋さんが波のもまれるのを見たので、右岸側に移動しようとしたら後ろを食われ転倒!流れも強くしかも浅い、万歳状態で流され落ち着くのを待つが息がもたないので、強引にロールしたが失敗し脱艇・・・。川底の岩盤に両手を強打してしばらく握力が戻らず、今もちょっと腫れています。

気を取り直して再スタート!パチンコの瀬までは岩を避けながらのパドリング。水量が適当なので楽しいパドリングでした。(12:30)

今回のコースは初めて(私)のコースなので非常に楽しいカヌーツーリングでした。N橋さん曰く「水量が多すぎず少なすぎずでベストコンディション」とのことで、参加できなかった方残念でした。

紅葉には早かったですが、水も冷たくなく全てがベストでした。次回はもみじの瀬をクリアしたいです。<カヌー親父>

CA280004 山祭町の水郡線鉄橋下SLでも走っていたら絵になりますね!

CA280006

山裾が川面に迫る久慈川独特の風景です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »